顔のたるみを引き起こす生活習慣要因って何?

標準

生活習慣

顔のたるみを引き起こす生活習慣要因として、
喫煙も大きく関連しています。
タバコを吸うことで、体内の血管は収縮させることになります。

人間の体が健康を維持していけるのは、血管を通して
必要な栄養成分が血液で運ばれるためです。
血管が収縮して血液の巡りが悪くなれば、体内へは
必要な栄養素が行き届きにくくなります。
タバコによる毒素分解をするためには、体内のビタミンCは
とてもたくさん使われることになります。共存

老化現象の活性酸素は発生させますし、新陳代謝は
どんどん低下します。
大秦野弾力やハリに必要な、エラスチンやコラーゲンまで
破壊してしまいます。
こうしたマイナスの影響は、肌にシワを作りやすくなりますし、
それはやがて顔のたるみにもつながります。

 

まぶたや頬などのたるみになるのみでは終わりません。
肌は乾燥しやすくなって、ニキビができたり肌荒れしやすくなって、
ほうれい線が目立つようになるなど、さまざまな肌のトラブルを
招きやすくなります。