顔がたるんできたと思ったらマッサージ

標準

加齢とともに顔のたるみが気になっていませんか。

なんとかしたいと思っていても、エステや皮膚科へ行くほどでもない…そんな時は、効果が期待できるセルフマッサージを試してみると良いかもしれません。

セルフマッサージを試す

自分でできるメリットがありますが、あまり力を入れすぎないように注意しましょう。
顔の皮膚はとても薄くてデリケートですし、強い力を入れなくても十分に効果を実感できるはずです。

まずはクリームなどを塗って滑りやすくした状態でスタートしてください。
頬骨の下を押してみた際に痛みを感じているなら、リンパの流れが悪くなっていますので、その流れを改善する必要があります。

小鼻の脇から耳の方へと頬骨の下に沿って親指で押してみてください。
拳を作って4本指を使って押しても構いません。

口角から耳の方へ向かって人差し指を使って流します。
それから上まぶたと下まぶたを優しくマッサージします。

鼻筋のあたりからこめかみに向かって流すようにやってみてください。
額は下から上へ流すように、そして頭皮を揉みほぐします。
最後に頭皮から鎖骨まで流して終了です。

これを続けていけば、顔のたるみが徐々に改善されるでしょう。

これだけでも十分に効果が期待できますので、顔のたるみが気になってきた人も予防したい人もやってみませんか。

即効性を期待するなら美容皮膚科へ

セルフマッサージは即効性がない、そんな時は美容皮膚科を受診するのもひとつの方法です。

レーザー治療が最善の近道と言えます。
顔のたるみを治療するには、余分な部分を切除することを考えていませんか。

メスを使わなくてもすっきりとした顔になりますから、施術を受けやすいかもしれません。

様々な治療に使われていますが、なぜ顔のたるみにレーザーが良いのかと言うとコラーゲンを増やせるからです。

コラーゲンが増えれば肌のハリや弾力が蘇ってきますし、引き締まります。
加齢によってコラーゲンが減少したことも顔のたるみの原因ですから、即効性が期待できます。

毛穴が開いてきた人も多いかもしれません。
レーザー治療を受ければ毛穴の開きもキュッと引き締まりますから、より一層若々しい顔になるでしょう。

痛みはほとんどありませんし、気になるほうれい線も改善されます。
顎のラインがシャープになることで、小顔効果まで期待できるでしょう。

小顔効果の期待

ハリや弾力が戻って来ればしわも改善されるなど、様々な嬉しい効果がきっと実感できるはずです。

美容皮膚科によっても扱っているレーザー機器の種類に違いがあります。
無料カウンセリングを受けて詳しい話を聞いてみてください。

まずはセルフケアで顔のたるみ改善を試みる

標準

顔のたるみはすべての女性の悩みであり、早急に解決したい問題の1つです。

悩みの種

高価な化粧品や、エステを利用して解決するという方法もありますが、
まずは自力でその問題を解消してみてはいかがでしょうか。

器具も専門道具も必要なく、簡単な体操とマッサージが効果的です。
顔には多くの表情筋があり、それらをストレッチする事がポイントです。

最も簡単な方法は「あ、い、う、え、お」と発生を伴いながら、
大きく口を開いて声を出す事です。

声を発生する事で、顔全体の筋肉をバランスよく使う事が出来るため緩んだ筋肉が発達し、
たるみの解消になります。

マッサージでは、普段利用している乳液などのクリームを利用します。

特別なクリームを用意する必要はありませんが、肌へのダメージを少なくするために
滑りの良いものを利用する事が大切です。

たるみが気になる部分を中心に、くるくると指を滑らせて下から上に
持ち上げるようにマッサージすると顔のたるみに効果的です。

美容皮膚科でのウルセラ施術でたるみ解消

どれだけ自力で改善しようと努力しても、年齢的にどうしても
逆らえない部分もある顔のたるみ。

自分ではどうにもならないと感じたら、専門家に頼るのも方法です。
美容皮膚科でのたるみ治療としては、ウルセラがお勧めです。

ウルセラは、今一番人気を集めている最新アンチエイジング治療で、
肌の奥深くにある表在性筋膜から真皮にかけて、熱エネルギーを
しっかりと照射することができるので、肌の奥から引き締め効果が
発揮され、リフトアップが図れます。

引き締め効果

その経過を見ていくと、術後約三カ月ほどたったころがもっとも効果が発揮され、
その後半年から一年ほどは引き上げ効果が持続できると言われています。

前述したように、お肌のかなり深い層から浅い層まで
働きかけてくれるので、強力なハリ効果が現れ、
小じわや毛穴も目立ちにくくさせてくれます。

若返り治療としてはいち押しで、
ダウンタイムもほとんどなく気軽にトライできる治療です。