サーマクールとダーマローラーの違いについて

標準

サーマクールとダーマローラーは、共に肌内部のコラーゲンを増加する効果があります。コラーゲンが変形して起こるニキビ痕や、不足してしまう事で起こる顔のたるみへの治療に効果的です。

同じ作用をもたらす2つの美容医療ですが、その施術方法には違いがあります。

サーマクールはラジオ波という高周波の熱を、肌に加えます。熱によって肌内部のコラーゲンは収縮を起こすのですが、体が持つ修復機能によって、施術を行った部分のコラーゲンの生成量をアップさせるのがサーマクールの特徴です。

ダーマローラー施術

ダーマローラーは細かい針がついたローラーを、肌の上で転がし無数の穴を開ける施術を行います。穴が開いた所を早く治そうとして、コラーゲンの生成量が高まるのです。

コラーゲンを作る作用を
高めるのは同じですが、ダーマローラーの場合、肌には目には見えない小さな穴が開いてしまいます。

傷跡のリスクを考えるのであれば、肌に傷をつける事が無いサーマクールが向いているでしょう。

サーマクールの安全性を知る

たるみを解消する治療法として美容皮膚科で人気のサーマクールですが、気になるのはその安全性です。

サーマクールはアメリカの医療機器の会社、Thermage社が開発したしわ・たるみ治療器です。アメリカとカナダの厚労省に相当する機関によって認可されているので、安全性については保証されています。

けれど治療には副作用がつきものです。それはサーマクールも例外ではありません。サーマクールの副作用として多いのは、
赤みと腫れです。これは、高周波電磁波を用いることで術後熱を持つためおこります。通常は数時間から数日で引いていきます。

また治療には痛みが伴いますが、麻酔テープなどを使用するので必要以上に心配することはありません。まれに水疱ができることもありますが、適切な治療方法で行ってる場合は一過性であることがほとんどです。

安全性とリスクに不安があるときは、納得がいくまで説明を受けることが大事です。なんでも相談できる信頼できるクリニックを選びましょう。

信頼できるクリニックを選び

顔のたるみ治療に力を入れている仙台ソララクリニック

標準

紫外線ダメージでメラニン色素が黒色化して老人性色素斑やニキビ跡や雀斑がどんどん濃くなっていく、眉間や目尻やおでこや口元にシワが入るのが嫌で表情が乏しくなりがち、キメが粗くて角質が硬くてゴワゴワで保湿ローションがなかなか浸透しないなど、年齢肌にまつわる困りごとや悩みごとは尽きませんが、顔のたるみの問題もその代表的なものです。

加齢の肌悩み

シミはベースメイクで隠せますし、シワやキメの粗さは徹底的な保湿で何とかカモフラージュすることが出来ます。

しかし、顔のたるみだけは誤魔化したり隠したりすることが出来ません。

そこでおすすめなのが、美容医療に頼って問題を根本から解決させるという方法です。

それを叶えてくれるのが、宮城県にある仙台ソララクリニックのアンチエイジング治療です。

仙台ソララクリニックには顔のたるみやシワを取り除いてくれる治療メニューがたくさんありますが、その中でも最も多くの女性に支持されているのがレーザーフェイスリフトです。

ヒアルロン酸中注入やボトックス注射よりも強力なリフトアップ効果が得られますし、特殊な糸で物理的に顔のたるみを引き上げるスレッドリフトよりも肌への負担が少なめです。

両面照射が可能な最新のレーザーフェイスリフト

表情じわを目立たなくさせるためのボトックス注射やふっくら感がよみがえるヒアルロン酸注入やわかりやすいリフトアップ効果が得られるスレッドリフトなど、美容クリニックのアンチエイジング治療には様々な種類のものがありますが、今最も注目度が高い最新の治療メニューと言えばレーザーフェイスリフトです。

両面照射が可能なリフトアップメニューで、皮膚の裏側と表側の両方からレーザーでアプローチして、たるんだ皮膚を強力に引き締めて重力に逆らうように持ち上げて顔のたるみを取り除きます。

皮膚の深層部から表層部まで満遍なく熱量が伝わり、リフトアップ効果だけではなく肌質改善効果ももたらしてくれます。

肌質を改善する治療

 

引き締めて持ち上げながら代謝を促進させたり肌細胞の再生をはやめたりすることが出来るので、実感力はかなり高めで施術後すぐに違いがわかります。

レーザーを照射するというアプローチの施術なので痛みが生じたり傷跡が残ったりするリスクもありませんし、ヒアルロン酸注入などのその他の治療と併用することも出来ます。

強力なアプローチでありながら肌への負担がさほどかからず、麻酔無しの施術が可能です。
レーザーフェイスリフトでエイジレスな肌を目指しましょう。

顔がたるんできたと思ったらマッサージ

標準

加齢とともに顔のたるみが気になっていませんか。

なんとかしたいと思っていても、エステや皮膚科へ行くほどでもない…そんな時は、効果が期待できるセルフマッサージを試してみると良いかもしれません。

セルフマッサージを試す

自分でできるメリットがありますが、あまり力を入れすぎないように注意しましょう。
顔の皮膚はとても薄くてデリケートですし、強い力を入れなくても十分に効果を実感できるはずです。

まずはクリームなどを塗って滑りやすくした状態でスタートしてください。
頬骨の下を押してみた際に痛みを感じているなら、リンパの流れが悪くなっていますので、その流れを改善する必要があります。

小鼻の脇から耳の方へと頬骨の下に沿って親指で押してみてください。
拳を作って4本指を使って押しても構いません。

口角から耳の方へ向かって人差し指を使って流します。
それから上まぶたと下まぶたを優しくマッサージします。

鼻筋のあたりからこめかみに向かって流すようにやってみてください。
額は下から上へ流すように、そして頭皮を揉みほぐします。
最後に頭皮から鎖骨まで流して終了です。

これを続けていけば、顔のたるみが徐々に改善されるでしょう。

これだけでも十分に効果が期待できますので、顔のたるみが気になってきた人も予防したい人もやってみませんか。

即効性を期待するなら美容皮膚科へ

セルフマッサージは即効性がない、そんな時は美容皮膚科を受診するのもひとつの方法です。

レーザー治療が最善の近道と言えます。
顔のたるみを治療するには、余分な部分を切除することを考えていませんか。

メスを使わなくてもすっきりとした顔になりますから、施術を受けやすいかもしれません。

様々な治療に使われていますが、なぜ顔のたるみにレーザーが良いのかと言うとコラーゲンを増やせるからです。

コラーゲンが増えれば肌のハリや弾力が蘇ってきますし、引き締まります。
加齢によってコラーゲンが減少したことも顔のたるみの原因ですから、即効性が期待できます。

毛穴が開いてきた人も多いかもしれません。
レーザー治療を受ければ毛穴の開きもキュッと引き締まりますから、より一層若々しい顔になるでしょう。

痛みはほとんどありませんし、気になるほうれい線も改善されます。
顎のラインがシャープになることで、小顔効果まで期待できるでしょう。

小顔効果の期待

ハリや弾力が戻って来ればしわも改善されるなど、様々な嬉しい効果がきっと実感できるはずです。

美容皮膚科によっても扱っているレーザー機器の種類に違いがあります。
無料カウンセリングを受けて詳しい話を聞いてみてください。

まずはセルフケアで顔のたるみ改善を試みる

標準

顔のたるみはすべての女性の悩みであり、早急に解決したい問題の1つです。

悩みの種

高価な化粧品や、エステを利用して解決するという方法もありますが、
まずは自力でその問題を解消してみてはいかがでしょうか。

器具も専門道具も必要なく、簡単な体操とマッサージが効果的です。
顔には多くの表情筋があり、それらをストレッチする事がポイントです。

最も簡単な方法は「あ、い、う、え、お」と発生を伴いながら、
大きく口を開いて声を出す事です。

声を発生する事で、顔全体の筋肉をバランスよく使う事が出来るため緩んだ筋肉が発達し、
たるみの解消になります。

マッサージでは、普段利用している乳液などのクリームを利用します。

特別なクリームを用意する必要はありませんが、肌へのダメージを少なくするために
滑りの良いものを利用する事が大切です。

たるみが気になる部分を中心に、くるくると指を滑らせて下から上に
持ち上げるようにマッサージすると顔のたるみに効果的です。

美容皮膚科でのウルセラ施術でたるみ解消

どれだけ自力で改善しようと努力しても、年齢的にどうしても
逆らえない部分もある顔のたるみ。

自分ではどうにもならないと感じたら、専門家に頼るのも方法です。
美容皮膚科でのたるみ治療としては、ウルセラがお勧めです。

ウルセラは、今一番人気を集めている最新アンチエイジング治療で、
肌の奥深くにある表在性筋膜から真皮にかけて、熱エネルギーを
しっかりと照射することができるので、肌の奥から引き締め効果が
発揮され、リフトアップが図れます。

引き締め効果

その経過を見ていくと、術後約三カ月ほどたったころがもっとも効果が発揮され、
その後半年から一年ほどは引き上げ効果が持続できると言われています。

前述したように、お肌のかなり深い層から浅い層まで
働きかけてくれるので、強力なハリ効果が現れ、
小じわや毛穴も目立ちにくくさせてくれます。

若返り治療としてはいち押しで、
ダウンタイムもほとんどなく気軽にトライできる治療です。

たるみ治療でも使われるバイポーラ治療器|モノポーラとはどう違う?

標準

難しかった目元のシワやたるみにアプローチ

しわやたるみが出やすいのが目の周辺です。
この部分は人の視線を第一に集めやすいので、
目元の印象で見た目年齢に差が出てくるほどです。

そこで目元のハリを取り戻したい方は多いのですが、
敏感な部分で皮膚も薄いですから、今までの美容器具
では作用が十分ではなく、効果を感じにくいのがネック
でした。

目元に特化したたるみ治療器具として開発された
アイファインなら、奥まで届いて弾力を復活させつつ、
安心の作用と評判になっています。

その証拠に美容のプロの現場であるサロンでも、
たるみ治療としてアイファインを導入するケースが
増えています。

目元

敏感な肌のたるみ治療には、目などの機能を傷つけない
ことが重要です。

アイファインなら狙った場所に絞り込んでパワーを
発揮できる操作性の高さがあります。

だから安全に、かつ改善したい部位にはしっかりと
届くように施術が可能です。

これなら今までは細かい部分まで対応できなかった
目元や目尻、鼻の下などにも効果的に使えます。

たるみ治療で短期間で見た目の違いを実感できる部位を、
しっかりとカバーできると評判です。

皮膚が熱を持ちすぎないので、肌トラブルのリスクも
低く抑えることもできます。

さらに進化して肌にとっても安全で負担が少ない

今までも目元周りのたるみ治療に特化した美容器は
ありました。

それがモノポーラ治療器で、こちらも効果は高く決して
不足な点が多いものではありません。

しかし、もっと進化しているのがバイポーラ治療器です。

モノポーラの仕組みは1点に集中してパワーを発生させ
ますので、高いエネルギーが肌にかかって痛みや熱さが
生じることがあります。

治療

さらに集中型のパワーなので、肌の奥深くにまで届いて
しまうので、操作にミスが目などを傷つけることにも
なってしまうリスクもあります。

一方でバイポーラ治療器のたるみ治療では、パワーが
強すぎないので皮膚の浅い部分だけに届きます。

これによって過度の皮膚やその内部に負担がかからずに、
痛みや熱が発生する心配は不要です。

皮膚の浅い部分にしか届かないと言っても、表面上だけ
ではなく肌の内部からたるみ治療はできるので、違いの
手ごたえは感じられます。

また、エネルギーが強すぎないので肌も熱を持ちにくい
ですから、施術後のクールダウンも基本的には不要です。

施術時間の短縮やアフターケアが不要なので手間も
省けます。

このようにしっかりと作用は感じられつつ、デメリット
を省いているのがバイポーラ治療器です。

外的要因による顔のたるみ

標準

顔のたるみの外的要因となるのが、ストレスです。
精神的なものは勿論、肌に紫外線を浴びた時にも、
肌は大きな負担を感じる事になります。顔のたるみを改善しよう

そして、心や体が負担を感じると、体は
活性酸素を発生させる事になります。
この活性酸素は、周辺の脂肪を酸化させ、
肌老化へと繋げていく事になります。

肌老化が始まると、しわやたるみが
出来やすい状態になります。

肌老化を防止したいと考えたら、この活性酸素を抑える働きがある、
抗酸化作用に注目をしておく事がお勧めです。

赤ワインやチョコレート等に豊富に含まれているポリフェノール等、
抗酸化作用が高い食品を、積極的に摂取する事で、
活性酸素の働きを抑えていく事が出来ます。紫外線に気をつける

更に顔のたるみの予防を考えるのであれば、紫外線や
精神的な悩みによるストレスを軽減させる事も重要になってきます。

紫外線の場合、外出時に、日焼け止めを塗るようにする等、
紫外線対策をしておく事が重要になってきます。
更に、手軽に出来るストレス解消法を身につけておく事がお勧めです。

顔のたるみを引き起こす内的要因って何?

標準

顔のたるみの内的要因となる事の一つに、活性酸素があります。
これは、呼吸で体内に入った酸素が、食事で摂取した栄養素と結びつき、
エネルギーを生み出す時に、同時に生み出される燃えカスのような
状態のものです。含まれる成分

この他、紫外線によって肌がストレスを感じた場合等にも発生します。
この活性酸素が発生すると、周辺の細胞を酸化させていく事になります。
細胞が酸化すると、老化し、肌はたるみやしわが出来やすい
状態になってしまいます。

ですから、いつまでも若々しくいたい、顔のたるみを予防したいと
考えた場合、この活性酸素を発生させないようにする事が有効です。
体がエネルギーを作る際に発生するものは、防ぐ事が出来ませんが、
紫外線等のストレスは軽減させてく事が出来ます。摂取する

更に、ポリフェノールが豊富に含まれている等、抗酸化作用がある
食べ物を積極的に摂取する事で、細胞の酸化を防いでいく事が出来ます。
それにより、顔のたるみの予防が可能となります。

顔のたるみを引き起こす生活習慣要因って何?

標準

顔のたるみを引き起こす生活習慣要因として、
喫煙も大きく関連しています。
タバコを吸うことで、体内の血管は収縮させることになります。生活習慣

人間の体が健康を維持していけるのは、血管を通して
必要な栄養成分が血液で運ばれるためです。
血管が収縮して血液の巡りが悪くなれば、体内へは
必要な栄養素が行き届きにくくなります。
タバコによる毒素分解をするためには、体内のビタミンCは
とてもたくさん使われることになります。

老化現象の活性酸素は発生させますし、新陳代謝は
どんどん低下します。
大秦野弾力やハリに必要な、エラスチンやコラーゲンまで
破壊してしまいます。
こうしたマイナスの影響は、肌にシワを作りやすくなりますし、
それはやがて顔のたるみにもつながります。

老化防止

まぶたや頬などのたるみになるのみでは終わりません。
肌は乾燥しやすくなって、ニキビができたり肌荒れしやすくなって、
ほうれい線が目立つようになるなど、さまざまな肌のトラブルを
招きやすくなります。

サウナマスクは顔のたるみに効果があるのか

標準

小顔になる顔のたるみが気になる方が利用しているのがサウナマスクです。
これは入浴中などに顔に装着することで、顔から発汗させて
美肌をつくるというスキンケアアイテムですすが、
顔のたるみに効果を発揮するのでしょうか。

たるみを引き起こしている原因が顔の水分代謝の低下や、
血行不良によるむくみという方はこうしたマスクを利用することで
たるみケアすることができます。

マスクをすることで発汗したり、血行を良くすることができるので、
顔に溜まった老廃物をスッキリと排出することができます。

これが顔を引き締め小顔を演出したりたるみ解消に
役立てることができるのです。
ただし、真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少したり劣化して
起こるタイプのたるみにはこうしたサウナマスクでのケアは
効果があまり期待できません。効果の期待

コラーゲンの減少が原因のたるみには
コラーゲンをサプリメントなどで摂取したり、
美容皮膚科での治療でコラーゲンの生成を
促す必要があります。

顔のたるみ改善の1番の近道は美容皮膚科クリニック?

標準

加齢による肌の衰えの中でも、最も改善が
必要となるのが顔のたるみです。
シミやシワよりも目立ち、一気に老けた印象になってしまうこともある
顔のたるみですが、その改善の1番の近道となるのが
美容皮膚科クリニックでの治療です。

美容皮膚科での顔のたるみ治療というと、高額な費用が
かかってしまうというイメージを持っている人が多いのが現状です。顔のたるみを治療する

その為、自宅で化粧品などを使ったアンチエイジングに
取り組む人も少なくありませんが、そうしたスキンケアでは
身体の内側からの根本的な治療を行うことはできません。

確かに、化粧品でスキンケアを行うことは短期的には
クリニックよりも安く済みますが、効果が得られなければ
全くの無駄ですし、長期的に見れば大きなコストと
なってしまうこともあります。

美容クリニックその点、美容皮膚科クリニックであれば、
費やしたお金が無駄になることのない
確実性の高い治療を受けることができます。

一昔前と違い、メスで切らずに顔のたるみを
治すこともできるので、注目してみましょう。